子供は待てない

昨日の夕方、長女(3歳)のリクエストで

ジュース(なっちゃん)にゼラチンを入れて固めるだけのゼリーを

いっしょに作りました。

 

「もうたべれる?」と5分おきに聞いてきては、

冷蔵庫の中をのぞきたいからだっこして、と要求。

「そんなに開けたら固まりにくいから、もうちょっと待ちなよ」

と夫が言うも

「んん〜〜〜!!」と焦れ焦れです。

そうだよね、待てないよね〜。

 

「じゃああとどれくらいでかたまるの?」と聞かれ、

ゼラチンが固まるまで2〜3時間かかるので

「夕飯食べて、お風呂に入って出る頃には食べられると思うよ」

と言ったところ、

ご飯をさっさと食べ、ひとりで服を脱いで裸になり、

まだお湯の張ってない浴槽に入って待ってました。

子供ってそうだよね!(笑)

 

そんな育児のあるあるをことわざにした、

マンガ育児ことわざ』が発売になりました。

 

 

育児経験のある漫画家さんたちが、31名執筆されていて

私も娘のことを2P描かせていただきました。

個人的には、安彦麻理絵先生の漫画が心にひびいたなぁ…。

 

 

saita」7月号のsaita plusのページで

4コマ描いてます。

今月は「5年後のライフプラン」について、

夢だらけの若いママたち3人と話してきました。

「5年後自分はどうなっていたいか」を言葉にして誰かに話すの、

前向きな気持ちになるので、おすすめです。

なりたい自分と今の自分があまりにもかけ離れていて

心が扉を閉じようとするのを乗り越えると

開き直って楽しくなってきます。

 

私はストーリー漫画で何かしらの賞をとるのが夢です、

って、言うだけならタダ!

頻繁に軌道を(夢を?)修正する羽目になるかもしれませんけど

またそれもあり、ということで。

何もないより何か目標持ってたほうが楽しいですしね。

今は種まきの時期だと思って、ムリしない程度に

ほどほどにがんばってます。

(しんどいの、イヤやん…?)

 

 

発売中の「GOLFコミック」7月号も発売中です。

ゴルフ育児(?)漫画『娘を絶対プロにするぞ!』連載中です。原作は夫。
今回は前回の続きで、夫が世界ジュニア選手権の国内予選で、

キャディデビューをしたお話です。
果たして夫がキャディをした9歳のみかなちゃんは、

アメリカに行けるでしょうか?…という内容。

 

みかなちゃんはうちの近所に住んでる小学生なんですが

ほんとにゴルフが大好きで、

(うちの長女もときどき一緒に練習させてもらってます)

その歳で自分の好きなことをしてアメリカに行けたら…

なんて想像すると夢のよう。

自分に置き換えると、小学生で雑誌の漫画スクールに入賞する感じかしら(笑)

小さいうちから認めてもらえる場があるのはいいことですよね。

 

娘にも何かで他の人に認めてもらえるチャンスを、

たくさん作ってあげられたらいいなぁと思ってます。