自分の年齢を実感

ブログで特にお知らせすることないな〜と思っていたら、いつの間にやら日が経ってしまいました…。

 

6月くらいから、漫画(電子書籍です)の配信が始まる予定で、

今それを書き貯めしているところです。

まだ1話分しか書き貯まっていませんが、

30p以上ある長いページの漫画の連載は7年ぶりくらい?なので

リハビリをしているような感覚です。

 

ここ何年か、ストーリー漫画が描けなかったんです。

思いつくものがどれも面白いと思えず、実際ネームも通らず。

でも仕事が途切れるのは怖いので、

原作がついてるものやコミックエッセイなどを描いて過ごしてました。

その間に二人出産したりして、本当にこの先どうなるのかと毎日不安でしたが

今はそこから少し脱することができたかなぁ、というところです。

自分との闘いの期間、長かった…。

 

「スランプ 脱する いつ」みたいなキーワードで

検索しまくったけど、解決策がヒットしなくて、

目の前のことを淡々とこなすしかなかったです。

 

9時半から17時半までしか仕事できないし、

子供が熱を出したりするたび仕事も休むので、ゆっくりしか進められないんですが、

このペースで仕事できる環境に感謝です。

体力的にも、中年女子にはこれくらいが無理なくていいわ〜。

 

↑気がついたら原稿に落書きされてた…

 

 

ところで先日、かなりひさりぶりに、

ピルを処方してもらうために、かかりつけの婦人科に行ってきました。

もう、毎月の生理が辛くて。

しかし、ピルよりもミレーナを推すお医者さん。

たしかミレーナは子宮内に入れて、数年おきに病院に通って取り出して

また新しいの入れたりするんだったよなぁ、と思いながら話を聞いていると

 

「ピルだと”年齢的に”血栓の心配があるから、ミレーナの方がいいですね。

経血量はかなり減って楽になります。

一度子宮内に入れると5年は持ちますし、”年齢的に”、おそらく一度で大丈夫ですね」

 

とのこと。

それを聞いてびっくり。

 

「えっ、一度で大丈夫なの!?

てことは私、HEIKEIまであと5年くらいなの!?」

 

先生の一言で己の年齢(来月で43歳)を自覚させられてハッとしました。

 

「で、でも、一番つらいのは生理前症候群(気分がダウンしたり、イライラしたりなど)なんです」

と言うと

「じゃあ、ピルの方がいいですね。低用量ピルと超低用量ピルがありますけど、

”年齢的に”超低用量ピルがおすすめです」

とのこと。

 

先生、”年齢的に”を多発しすぎです。

 

30歳頃に何かで別の婦人科に通ってた時も

「(今の年齢は)女性ホルモンの曲がり角ですから」

という説明を受け、

”お肌の曲がり角”どころではない衝撃を受けたことがあります。

人生のパートナーすら見つけられてないのに、女性ホルモンはどんどん減ってくんだ!、という。

 

普段あまり年齢を意識して生きてませんが

「ああ、私、それなりに歳を取ってたんだった」

と、時々現実を見せられます。

私にとって、その場所が婦人科…。

 

私のアイシャドウパレットをほじって遊ぶ1歳8か月児。

朝から悲鳴を上げました…。

せめてこの人が成人するまでは健康でいたいものです。