ママたちに助けられる

車の運転が苦手です。
かつて、停まってるタクシーにぶつかったことがあったり、
道路を逆走してしまったことがあったりして、
幸いだれも怪我人は出なかったけど
「運転、向いてない。もう自分で運転するのはやめよう」と乗ってなかったんですよね。

しかし子供が産まれてから、子供と出かけるなら、公共機関に乗るよりも、
車で移動する方が断然らくだと気づいたのです。
だって子連れだと荷物も多いし、ベビーカーはエレベーターがあるところでないと使えない上に、
折り畳まなければならないシチュエーションの時も少なくなく、
車内で少しでも子が騒いだり泣いたりすると、周りに迷惑をかけているのではとビクビクしてしまう。

やっぱ車だな、と、ペーパードライバー講習に通い、運転の勉強をし直しました。
しかし、当時0歳の長女は車が大嫌い。
乗っている間中、ギャン泣きし通し。
娘の泣き声にテンパって、道を間違えて、
やっとの思いで目的地に着いた時には
「もう帰りたくない…」と思ったほど憔悴する始末。

それでまた、全く運転しない日が3年続いた先月のこと、
「やっぱり、運転しよう!」と思う事件が起こりました。

長女の幼稚園は行事が多く、親が幼稚園まで出向かなければならないことがよくあります。
ダンナは幼稚園の行事に参加するのが大好きなので、
それらのほとんどに参加してくれているのがいつもとても助かっているのですが
(他の保護者の方々に「あの人いつも来てるけど何してる人だろう…」と思われてるらしい)
その日はたまたま、彼が出張で留守。

生後6か月の次女を連れて(もちろんミルク2回分や、お湯や、着替えやオムツなどの荷物も)
電車やバスを乗り継いで片道40分かけて幼稚園に行き、
そこに、眠くてぐずりがちな時間帯の3歳の長女と、幼稚園の荷物が加わった状態で
どこかよきタイミングで、適当な場所で次女にミルクを飲ませながら
また同じ道のりを帰ることを想像するだけで
半月前から、かなりゆううつだった私。

そんな時、たまたまLINEのやり取りをしていた、娘と同じクラスのママから
「今日、幼稚園までどうやって行くんですか?」
と聞かれ
「電車とバスを乗り継いで行きますよー」
と答えると、なんと、信じられない返答が。

「赤ちゃん連れてそれは大変!今から迎えに行きます!」

ま じ か ! ですよ!
世の中にそんなことしてくれる人が、存在したの!?
だってそのママの家からウチまで、車で30分かかるんですよ!

申し訳ないので一度は断ったのだけど、
「もう出たから、出かけないで待っててくださいね!」
とのこと。

うそでしょ〜!?ホンマかいな!など一人で部屋の中うろうろしている間に
そのママは颯爽とすてきなベンツで登場し、私と次女をピックアップしてくれ、
さらに、幼稚園の行事が終わるまで近くで時間をつぶして待っていてくれ、
帰りも家まで送ってくれるという…。

なにこれ、夢?
そして私、ベンツに初めて乗ったよ…。

子供たちが車の中で寝てしまったので、
母親同士いろいろと話もできて、そして、
「赤ちゃんがいてでかける大変さはわかりますから。
困ったときはお互い様ですよ」
と言ってもらい、まじで泣けました。

困ってる時に助けてくれるのはいつも、
同じような苦労をしてきた人たちだなぁ…。

「車に乗れるようにならなきゃ!」と強く思ったのは、その一件があったからなのでした。
だってなんだか申し訳なくって。

「運転が怖くないって催眠術かけてほしいわ〜」と常々思ってるくらい、
怖くて怖くて仕方なかったんですが
具体的に運転の何が怖いのか書き出して、頭の中を整理して、
運転中に気をつけるポイントを絞り、
緊張で指先が冷たくなったり、マジで吐きそうになりながら
がんばって幼稚園の送迎場所まで行ってみました。

幸い0歳(6カ月)の次女は、車に乗せても泣かない赤子なので
運転に集中でき、駐車場にうまく停められた時は、車中で本気のガッツポーズ!
ひと月ほど経った今も怖いけど、自宅と幼稚園の送迎場所の間ならなんとか運転できるようになり
雨の日でも濡れずに迎えに行けることが、うれしくて仕方ないです。

(「でもその距離なら、車で行くより、自転車で行った方が速い」
と最近知ってホゲー!て思ったけど。)

今年の目標の一つが、「ゴルフ場まで車で行けるようになること」なんですよね。
あと9ヶ月あるから、なんとかなるかなぁ〜。

憧れのあの授乳技

ものすごく久しぶりのブログです。
しばらく、こちらで4コマ漫画で育児のことを描くブログをやってたんですが、
去年の8月に第二子を出産してから、なかなか時間が取れず更新できなくなってしまい…
でも、書かないと日々のこと忘れちゃうんだよね!

文章とちょっとした絵だけでも残しておこうと、
育児と仕事の隙間に、iPhoneのメモ帳などでちょこちょこと記録することにしました。
どうぞ、何かの隙間におつきあいいただけるとうれしいです。


現在3歳の長女が赤ちゃんの頃、2軒お隣に住んでいたママさん(子供が二人いる)がいつも
抱っこ紐で赤ちゃんを抱いたままの状態で授乳していて
「子育ても二人目になると、そんな超人のようなことができるようになるものなのか!」
と衝撃を受けました。

抱っこ紐の中で赤ちゃんはどうなっているの?
おっぱいの形状は?
形が自在に変えられるの??

おっぱいが硬くて、乳首も授乳で傷だらけだったし
エルゴ(抱っこ紐)の使い方の正解もよくわからなかった当時の私には
到底考えられないミラクル技だったんですが
第二子を出産してからあの憧れの技にチャレンジしてみたら…

できるもんですね〜〜〜。

一人目の時よりもおっぱいがふにゃふにゃになり
子供の抱き方も若干荒め?適当?になったので
次女は体を丸めて、うまいこと吸いつきます。

ただもう、枯渇して乳が出ないので、次女は
「なにこれ?」
みたいな顔して私の顔を上目遣いで見上げ、
上下の歯茎でぎりぎりと乳首を噛んでるだけですが。
(「いたいいたい!」、と言うと、にやあっと笑う)


パン屋さんで、抱っこしたままナチュラルに授乳してる
そのママさんを見かけたときは、まじで噴きました。
彼女はいつも、子育てを心底楽しんでる(どんなことも笑いに転換したりして)感じがしたなぁ〜。

授乳

web「デンシバーズ」で無料で漫画読めるようになりました&雑誌「GOLFコミック」発売日です

saita netで連載している育児4コマ、アクセス数が多くて自分でもびっくりです。
うれしい!!ありがとうございます!!
週5回以上も更新できるか心配だったけど、楽しく描けるのでさほど苦でもなく。
事務所に行って一番に更新して次の日のを描いてそれから別の仕事にかかるという
リズムができてきました。

その他で連載中の漫画はこちら。



星「コミックスピカ」で連載していた『結婚相手ってどこに落ちてるの?』が「デンシバーズ」にお引越ししました。
1話目と、最新の2話分(7,8話目)が無料で読めますのでぜひ!
ちょっとあれなシーンがあるので会社等で読まれる際はご注意をDocomo80

このコミックエッセイは今後もしばらくデンシバーズで連載が続いて、
今年中に単行本が出ればいいかなというペースで描いてます。


星今日くらいに発売になる、ゴルフ漫画雑誌「GOLFコミック」で『娘を絶対プロにするぞ!』という、うちのだんなが原作の育児ゴルフ漫画(そんなジャンルあるのか?)の連載2回目が掲載中です。
コンビニにも売ってると思いますので、お手にとっていただけるとうれしいです。
8Pだからすぐ読めますよー☆

育児漫画ブログをはじめました

saita.netで育児漫画ブログをはじめました。
ブログのタイトルは「目に入れたら痛いです。」です。
週に最低でも5日は更新したい!と思ってます。4コマだからすぐ読めるので息抜きにでもぜひ★

ところで、暖かくなってきたので裁縫熱がふつふつと。
市販の服がなかなかサイズが合わなくて(背がそこそこあって腹回りが太い…)
もういっそ作ってしまえ!とシャツワンピ作りました。
なるべく細く見えるよう生地はストライプ…。



型紙はクルール
生地はfab-fabric

fab-fabricさんは生地も素敵な上、ブログもおもしろいし(作り方とか作例とかとても参考になる!)
型紙無料で公開してくれたりもして(なんと太っ腹な!)大好きなサイトです。


縫い物をはじめると必ず生地の上に乗っかって邪魔する猫はこちら。


「ボギー」に『モテゴルフ』連載中です!

発売中の「ボギー」に『モテゴルフ』(原作はだんなです)連載中です。
モテない男子が、ゴルフでモテるために、”チャーミングプロ”という謎の職業の美女からレクチャーを受ける漫画です。
今回は主人公がなぜか、会社のアイドルである受付嬢とラウンドすることになり…。

アシスタントさんに描いてもらった、お菓子の名前に噴きました。


コミックスピカ」で『結婚相手ってどこに落ちてるの?』、
GOLFコミック」で『娘を絶対プロにするぞ!』も連載中です★
DRESS」で連載中、熊谷亮さんの株コラムのイラストも、毎月やっておりま〜す。
見てねハート


娘は1歳9ヶ月になり、イヤイヤ期がちょっとずつエスカレート。
「いやーだぁ!」「いやだヨー!」「いやだよん♪」など言葉のレパートリーも増えてきて、
すべての質問に否定から入ります。
オムツ替えのときは逃げます。
店で床に寝転がります。
高級店ではしゃぎ、スカートをめくって中に入ってきます。
眉間に皺を寄せてガンを飛ばして(変顔のつもりらしい)、けらけら笑います。
なんでも自分でやりたがるかと思えば、
急に「あーーん」と口をあけて「食べさせろ」とアピールしてきたり
面倒くさかわいい盛り、ですよ。
いつまで「ママだいしゅき」でいてくれるかな〜。



浜田ブリトニー先輩におびえて滑り台から降りてこなくなった娘。


『娘を絶対プロにするぞ!』という連載が始まります

本日くらいに書店に並ぶ「コミックスピカ」にて『結婚相手ってどこに落ちてるの?』というコミックエッセイ連載中です。
今回は私がドラマ「デート」にはまっていたからというわけではないのですが、「デート」に関するお話です。
「コミックスピカ」は今月でリニューアルのため休刊してしまうのですが(T_T)
私の連載は終るわけではなく、来月から「デンシバーズ」という、
webコミックに場所を移して配信される予定です。
これを機に、皆さんのお目にかかる機会が増えるかも?



まだ誌面を確認できていないんですが、
with」5月号、春のお仕事相談室というページで、私の人見知りに関するインタビュー記事が載っていると思われます。

子供が生まれてから、自宅で一人で仕事するようになって
(在宅アシスタントさんとはSKYPEでやりとりしているので)
出かけるとしても保育園の送り迎え程度のひきこもり生活を続けていたところ
猛烈に寂しくなって来ました。
人恋しい。
会話が成立する大人に会いたくて仕方ない!!!!!

また以前借りていたシェアオフィスに戻り、(くわしくは『ただいま「かくれ人見知り」が平静を装って生活しております。』を読んでねはーと
他の誰かと特に会話をするわけでもないけど、
知っている人ばかりに囲まれて仕事して、毎日寂しくなくてとてもいいです…。
断食ならぬ断人をしたら、人見知りが軽減されました…。


私のくせにこんなしゃれおつな事務所に通っていてごめんなさい


1日発売の「GOLFコミック」4月号で『娘を絶対プロにするぞ!』という、
うちのダンナが原作で漫画が私のドキュメント風の漫画が始まります。
ダンナは私が妊娠中に、お腹の子の性別が女の子だとわかった時から
「娘を絶対プロゴルファーに!!」と思っていたようです。
(女の子の方がライバルが少ないから、らしい)
その時は「まだ産まれてもないのに、アホかいな。男の人って夢見がちやな」
と半分冗談で聞き流してたんですが、
ダンナがゴルフ練習場付きのマンションを購入したり(現在建築中)、
この漫画の連載を取ってきたりするたび、「本気だったのかっ!!」と震えています。
その情熱がこわい…こわすぎる…。

最初は他の漫画家さんに描いてもらうつもりでいたようですが、いろいろあって結局私が描くことに。
ゴルフに興味がなくても、面白く読んでいただけると自負しております!
良かったら読んでくださいね〜〜!
GOLFコミックは、ちばてつや先生の表紙が目印です。



葛西のゴルフ練習場にて。下の穴から球が出てくることを発見し、次々と球を取り出してだんなを困らせる娘(1歳8ヶ月)。

最近の掲載情報と娘のこと

DRESS」の株コラムで今月もイラスト描いてます。
コミックスピカ」で『結婚相手ってどこに落ちてるの?』連載中です。
今月は「どうでもいいって思ってる時に、意外と出会いってあるよね」って話です。
現在漫画の連載はこの『結婚相手って〜』と「ボギー」(季刊のゴルフ漫画雑誌です)で連載中の『モテゴルフ』の2本なんですが、
4月くらいからあともう1本増える予定です。
でも3本足しても24P!w



婦人科医・松村圭子先生の「女性ホルモンを整えるキレイごはん」の、漫画パートを描きました。



こんなかんじ

月経周期に合わせて食べるものを変えて、きれいで健康になりましょうという内容で
周期に合わせたレシピが満載です。
月経と食と関連付けたことがなかった私には目から鱗でした。月経前のイライラも軽減されるかも!?

この漫画を描くにあたり基礎体温計を新調したんですが、
10年前に買ったものより格段と性能が良くなっていて驚きました。
以前のは5分くらい口で咥えていなければならなかったのですが、
新しく買ったものは10秒で測定できるので、
咥えてる間に二度寝して、気づいたら布団のどこかにぽとっと体温計が落ちていて測れてなかったりとか、
ぎりぎりと噛んで歯型がついたりすることもありません。
データはスマホで同期もできるらしいですし。
やり方がよくわからないからしてないけど★


話は変わりまして、
池袋にある、友達がやっているタイ料理カフェ、ドゥアン・ダーオが1周年をむかえ、一家でご飯を食べに行ってきました。



娘のTシャツは私の絵のアイロンプリント…

お店でタイ雑貨も販売しているんですが、それがかわいくて。
子供が動き回るようになってから、落としても割れにくい食器が欲しかったので
メラミン製の食器、即買い。
食器はまだお店でしか取り扱いがないようですが、雑貨通販もサイト内でしてますのでぜひ★



食い意地が張りすぎて、プチゲロを吐くまで食う娘のこの食器がそれ

娘が大人と同じご飯がだいぶ食べられるようになってきたので、
キッズメニューがないお店でも外食できるようになり、うれしいです。
ドゥアン・ダーオでは、米麺のバーミーを作ってもらい、フライドポテトを私とシェアしましたよ。