またマンションの話



隅っこに追い詰められて…。


何回かに分けてまでしつこく書いていた、「マンションがほしい」という話。
誰も興味ないかもしれませんが、あれがその後どうなったかといいますと、
つい先日、抽選会が行われました。

不動産屋さんの営業の人に、「一番倍率が低そうな階数はどこですか?」と聞いて、
そこに申し込みを入れたのですが、抽選になってしまいました。
といっても、私たちの部屋の倍率は2倍ですけどね。
他は9倍の部屋などもあったので、まだ2倍でよかった!!

抽選会場に着くと、長机の上に、ガラガラが置いてありました。
福引きでよく見かけるあれです。
これに運命をゆだねるのか!あの小さなタマに!運命の重さ何グラム!!

こっちは人生をかけてがっちがちで臨んでるわけですが、
抽選会は予想に反して、開始時間にあっさりと始まりました。
マンションの全部の住戸をどうやって抽選するんだろう、
地道に一部屋一部屋、ガラガラ回して決めていくの?
と疑問だったんですが、同倍率同時抽選という方式で
同じ倍率の部屋を一度に抽選してしまうようです。

たとえば、倍率が2倍の部屋が全部で30部屋あったとすると
それらをひとまとめにして抽選して、
「1」の玉が出れば、30部屋全部「1」番の人が当選になる、というもの。
なるほど、それなら手っ取り早く終わります。

そんな簡単な説明の後、まずは私たちが申し込んだ、
2倍の部屋から抽選が行われました。
カラカラカラ…と司会の人が抽選器を回します。
そして、予想を裏切らない軽さで、玉がコトリ!ギャー、早いよ!
「1番です。おめでとうございまーす!」
1番!
私たちの申し込んだ部屋は、1番の人が当選!!

しかし、私たちは、自分が何番なのか理解していなかったので
当選したのか外れたのかわからない!!ぼんやり!!!!

てっきり、受付で「花津さんちは○番ですよ」等、教えてもらえると思っていたのですが
そういう説明が何もないまま、抽選会が始まっちゃったの…。
いや私たちが聞いてなかっただけかもしれないけど…。

私たちの担当の営業の方が、会場の隅から私たちの方を見て何かを訴えているのですが、
その方がもともと松本明子のような困惑顔のため、
当たったのか外れたのか、表情から読み取ることができません。

抽選会が終わるなり駆け寄ってくる営業さん。
眉間にしわ寄せ、しんじゃうの?ってくらい切羽詰った顔で
「おめでとうございますっ!」って。

「ええっ!?私たち、1番だったんですか!?」と聞いたら
「そうですよ!わかってなかったんですか!?
『当たりましたね!よかったですね!』ってずっと目配せしてたのに!」
って。
あれおめでとうって顔だったんだ!表情とセリフが合ってないんだけど!

どうやら、マンションに申し込みを入れた順に「1番」「2番」…
と番号が割り振られていたようで、
いち早く申し込んだ私たちは、「1番」だったのです。
(かなり前に説明を受けてたらしいけど忘れてた)
そうだったのか〜〜〜〜!

そんなわけで、無事抽選に当選しましたー!
いやー、よかったよかった!
マンションが建つのは約3年後、とずいぶん先なんですが、
アラフォーの3年なんてたぶん超高速ですよ奥さん…。
これから内装や家具をどうするかなど決めていくのが超楽しみです!!
間取り図見るだけでご飯3杯食べれるくらい家のことが大好き…!!!
(でもセンスはない)

あ、あと誰も気づいてないと思いますが、少し前からブログにコメントを書き込んでもらえるように設定しました。
誰も書いてくれないのは、気づいてないからだと思ってますからね!!
そう信じてるから…!!!

1