豊洲にある、たまひよの写真スタジオに行ってきました。

豊洲にある、たまひよの写真スタジオに行ってきました。
近くに住んでいるので、できる前から目をつけていたのです!ムフー。

なんとなく赤ちゃんの写真のみを撮ってもらうところだというイメージがあったんですが、おじいちゃんおばあさんおじさんおばさんなど、一族で来られる方もおられるそうです。賑やかでいいな〜!
じじばば含めた家族が揃うときってなかなかないもんなあ。うちもいつかやってみたいです。

スタジオの中は自然光で明るく、壁紙もかわいかったです。(夏美組監修だったのね〜)
我が家はまず、年中スカジャンを着ているダンナの「娘とスカジャンを着て家族写真を撮りたい!」という強い要望があり、仕方なくそのような写真を撮っていただきました。
ダンナは笑顔ですが、娘全然笑わない…。
しかし、そのうち着てくれなくなるだろうから、親が着せたい服を子に着せられるのって、今のうちだけですよね。
ちなみに、この日娘は、私が縫った昭和臭漂うワンピースを着て行きました…。

そして次はやはり旦那が「娘にゴルフクラブを握らせて撮って欲しい!」とのことで、ぱしゃり。
なんでゴルフクラブ?と思われた方、ぜひ、発売中の『花津ハナヨの妊活→出産一直線!』を読んでいただけるとうれしいです…。
ダンナとはこの先、育児の方針でたびたびケンカになりそうだな!

娘はもう7ヶ月なので少しすぎてしまいましたが、ハーフバースデー(子供ができるまで知らなかったけど、いまどきは6ヶ月をお祝いするらしいですね)の写真や、ハチの衣装に着替えて寝相アート風の写真も。
自宅では寝転がしておいてもその位置から全然動かないおっとりした娘ですが(寝返りをしたところを、まだ3度しか見たことがないです)、いつもとちがう状況に驚いたのか、背面シャクトリムシのような動きで、すぐにフレームアウトしようとします。
こんな俊敏な娘、初めて見た。
亀は意外と速く泳ぐ的な。

この頃娘の中で、テーブルの木目にそって手をすーっ、すーっと動かし続けることが流行っているようです。スタジオでも、ベビーチェアの手すりの木目をすーっとなぞり続けていました。
カメラマンさんたちも、「はい、木目ー、木目ー!」と声をかけながら撮ってくださってました。不思議な掛け声。

撮っていただいた写真のデータは全部いただいてかえってきました。家族のフォトブックも申し込んできたので、後日発送していただけるそうです。
モノグサなもので写真をプリントアウトしたことがなかったので、いい記念になりました。ありがとうございました!



写真スタジオのお向かいの「ガスてなーに」が意外とたのしそうだったなあ。
娘がハイハイできるようになったら行ってみたいです。