上野動物園とハロウィン

先週今週と、水族館、動物園に行ってきました。
水族館ではいまひとつ反応の薄かった娘…
しかし、近所のタバコ屋の前においてある犬の置物が好きで、見かけるたび「わうわう」と言って寄り道をしてはべたべた触るので(あのホームセンターなどに売られている動物の置物の存在理由がわからなかったけど、子供があんなに好きなら「か、買っちゃおうかな〜」ってちょっと思っちゃう…)、動物には興味があるかなと、上野動物園へ行ってみました。

娘は車での移動が大嫌いで、乗るたびギャン泣きしてたんですが、娘を撮った動画を見せるとご機嫌に過ごしてくれることを発見。あーよかった。子供って、けっこう自分好きですね。


入り口を入ってすぐにパンダの看板を見かけた娘、なんだか非常に興奮し「パータ!パータ!(パンダのことらしい)」とそちらのほうを指さしています。
どうやら毎日Eテレでパンダを観ているおかげで、あの生き物がパンダということがわかるらしいです。Eテレさまさまです。思わずパンダのぬいぐるみを買ってしまいました。



ぬいぐるみ、今までの人生で買ったことあったかなぁ。

上野動物園内のこども動物園(動物とふれあえます)では、ヤギが、触りたくて仕方ないこどもたちに追いかけまわされたりしてました。
娘はそんなに興味はないようでしたが、家で猫と暮らしているせいか動物には抵抗がないようで、ヤギが近寄ってくると「おっ。おめーか」みたいなノリでぽんぽんしてました。



ヤギの瞳孔って何度見ても不思議。
私はヤギのあそこは人間のとしまり具合が似てるって漫画家Uさんが言ってたなって思い出しながらヤギ観察。


帰宅して昼寝していたら、近所で行われていたハロウィンパレードに間に合わず。
でももうハロウィン当日まで休みがないし、今日を逃したら着る機会がないかも、と、夜になってから仮装する親子。
もう仮装している人たちはほとんどいません。
私は昼間の娘の反応を受けて、パンダの着ぐるみ(たまたま持っていた)、娘はイチゴです。
そのへんの小学生にからまれ、「パンダ着たい!」「イチゴを抱かせてくださーい!」など言われてされるがままの私と娘。



ついこの前うまれたみたいな子が1歳児を抱いてくれている。



イチゴとお茶休憩もする。

私は恥ずかしかったけど、でもいい記念になりました。



帰るよ〜。


コメント