「たまごクラブ」発売中です



たまごクラブ」で『アラフォー漫画家・花津ハナヨのへたれニンプライフ』
最終回が載ってます。1年間、妊娠中に感じたことなどを描かせてもらいましたが、今回が総まとめ。産後の超テンパってた時期の自分にかけてあげられる言葉があるとしたら、という内容になっております。

1年間連載したとはいえ、毎月2Pの連載だったので、特に単行本になる予定などはないのですが、そのうちどこか(ネット上などで)読めるようにできたらいいなーと思っています。
その時はこのブログでおしらせしますね。

ところで、前回のエントリーのレントゲン装置、「ファンティクサー(FD-21型)」という名称だそうです。
医療関係者の方が教えてくださいました。描いてみるもんでんな!


この前、娘の通う保育園の保護者会に行ってきました。
子供達の保育園での生活を、覗き見しちゃおうというもの。
教室の中にダンボールなどでついたてを設け、その中に座ってレースのカーテン越しに子供達を観察するという…

隠れ場所の都合上、1日1保護者しか行けないのだけど、
あとで聞いたら、黒い布を渡され「変装してください」と言われた人や、
隠れてる場所を子供に見つかってしまった人も…
でも覗き見って、なんかウキウキしますね!
1歳児でも、保育園の顔と家の顔を使い分けていたりして面白い。


保護者会の後、同じクラスの子の家に何人かで遊びに行きました。
毎日一緒にいるせいか、部屋でみんな一緒に放置しておいても、和やかに遊んでいる。
初対面の子同士だと、おもちゃの取り合いとかして誰かしらがギャン泣きしたりするのだけど、
そのへんのパワーバランスがうまく調整できている。すばらしい。

白一点の男児がうちの娘のストローマグをなぜかとても気に入り、
お気に入りの女の子に
「おい、うまいから飲めよ」(中身はただの麦茶)とばかりに飲ませてました。






最終的に女子たち全員飲まされる。
男らしい一面を見てしまったよw

1歳児の行動って、予測がつかない。
あぁ全く、ええもんを産んでしもた!とこの頃よく思います。

コメント