子抜きママ会

JUGEMテーマ:育児

この週末は、次女の保育園のママ会でした。
子供をパパに預けて、ママだけで会おう!という会を、はじめて開催。
土日の昼間なら、パパたちもお休みだろう、と計画したんですが
土日もパパお仕事で、ママワンオペ育児、なご家庭も少なくなく…。
どうか、双方息抜きできる時間が持てますように。

で、集まった6人のみなさんはワーキングマザーなわけですが
お互い何の仕事をしているのかなど、
ほぼ知りません。

ただ一人、美しさを隠しきれていないママさんがおり、
素人ではないと確信した私は、その方のお名前で検索、
アナウンサーさんであることがわかました。
「検索してしまいました☆てへ」と
カミングアウトしたことがきっかけで距離が縮まり、
おたがいの素性や、
知ってほしい大事な部分を明かすのって
仲良くなるには大事なことだなー、と実感したのでした。

そんなママたちと、
産後すぐ仕事復帰したものの、
「(身体的にも精神的にも)つらい、と弱音を吐くことができない、
そうすると仕事がなくなるから」という
フリーランスならではの悩みに「わかるわ〜」と共感したり、
毎日の夕飯の手抜きの仕方、
(生協の冷凍食品便利)
子供が急に病気になったとき利用している
シッター会社や(私はキッズラインとマザーネット)
近所のおいしいお店を共有したりして
あっという間に時間が過ぎてゆきました。

1歳の子供と一緒だと、(子供の世話で忙しくて)なかなかじっくり話せないし
たまにはこうやって、親だけで会うのもいいわぁ、と思いました。

私は人と付き合うのが得意ではないので、
去年から通っている長女の幼稚園の集まりでも
心の扉をうっすら開ける程度で、
毒にも薬にもならないような会話しかできなかったんですが
さすがに何度も会ってるうちに、親同士も仲良くなってきて

楽しくなってきました。
1学年の人数が多いので、職業や人種もバラエティに富んでるんですよね。

歳を取るごとに、周りには自分と似た人ばかりになっていったので、
こんなにいろんな人と接するのは、中学生の時以来でしょうか。

最近は週末になると、自分が喋りたいからという理由で
長女の友達一家と遊びに行ったり、
家に招いたりして過ごすことが多いです。
子供も自分も楽しいので、ちょうどいい。

子供の友達の家族がたまたま面白い人だった、
というパターンが増え、
お菓子目当てで買ったら、予期せずすごくいいおまけがついてきたような

わくわく感も時々味わえます。

(今のところ、面倒くさい付き合いに巻き込まれてはいない)


独身の時のように、自分が会いたいときに
友達に会いに行けるわけではない現在の私の、
貴重で、濃密なこの時間を、大事にしてます。

 

 

ちょっとお知らせを。

日経ウーマンオンラインにて、「5人に1人が経験『腟カンジダ』とは?

漫画家・花津ハナヨさんの場合」という記事がUPされています。

経験者として、かゆくなったら、迷わず病院で受診!をお勧めいたします。

そして再発には、薬局で購入できるエンペシドLですよ!

(ほんとに便利!)