買い物あれこれ

次女がすくすくと成長し、

長女(3歳10か月)と次女(0歳9か月)、

おむつのサイズが同じLサイズになりました。

(パンツタイプかテープかの違いはあるけれど)

頭とお腹周りのサイズがほぼ同じなのに手足の長さが違うから、

二人が並ぶと次女の頭身がマンガみたいでおもしろいです。

 

 

マンガみたいといえば、

 

時々、夫に食材や日用品の買い物を頼むのです。

私は買い物が好きなので、できれば自分で行きたいのですが

子供がいて買い物がままならない時などにお願いしてます。

 

一度買い物を頼んでみたところ、

「すごく高いものも躊躇せず買う…

というか値札を見ずに買い物しているな」ということがわかったので

広告をネットでチェックして、何が売られているか確認してから

「近所のスーパーで、豚こま切れ 100グラム98円のを

200gくらいパックになってるやつを買ってきて」と

お願いしてみました。

 

すると、

「100グラム98円の、なかったよ」

と、豚こま切れではなく、豚ミンチを買ってきてくれました。

(本人曰く、「肉の切り方の種類は考えてなかった。

グラムいくらか、のところしか頭になかった」そうです)

 

なるほど、ではこれならどうだ、と

「妊娠糖尿病(今は治りました)の私のために、糖質0の、この袋麺を買ってきて」

と、ネットで商品を探して、携帯にその商品のURLを送ったのだけど

全然違う麺を買ってきてくれました。

 

「ゆ、URLをわざわざ送ったのにどうして…?」と聞くと

「スーパーが地下だったから電波が不安定で見れなかった」とのこと。

電波が安定しているところで見てくれはしないのかしら…?

手ぶらで帰って来て、それがなかったら困る人がいるということは想像しないのかい…?

などふしぎに思うことはありましたが、次にチャレンジ。

 

いつも家にあるものなら大丈夫だろう!と、私がいつも飲んでいる、

「ブレンディのペットボトルのアイスコーヒーが今日は安い日なので、2本買ってきて」

と、お願いすると、

またしても手ぶらで帰ってきた夫。

「ど、どうして?」と聞くと

「ペットボトルの売り場自体がなかったよ」とのこと。

 

いやいやいや…

ペットボトルの売り場はあのスーパーには数メートルもあります…

数メートルの棚の商品が一気になくなるわけない。

(翌日行ったら、もちろん売り場は同じ場所にありました)

 

「あの〜、買うものがわからなかったら、電話で聞いて」と言うと

「電話で聞くっていう発想がなかった!」とのこと。

そうか…こちらが「これくらいはしてくれるだろう」は

通用しないのですね。

 

「今度こそ糖質0麺を買ってきてね!

もし売り場がわからなかったら、あの店は地下で電話がつながらないかもしれないから、

私に電話で聞けないなら、お店の人に聞いてね!」

と以前と同じ麵を買ってきてくれるよう、あらかじめ麺の画像も送っておいて

買い物をお願いしてみましたが、

また手ぶらで帰ってきた彼。

 

「ここまで(事前に私に準備させておいて)して、なぜ…?

一体今度は何が原因で買えなかったの…?」

と、こちらももうどうしたらいいかわからなくて、お手上げだーっ!な気持ちで聞いてみたら

「商品がどこにあるかわからなかったから、店員さんに聞いたんだよ。

そしたらその店員さんが外国人で、日本語が通じなかったんだよ〜」

とのこと。

 

もう、ここまでくると「マンガか!」と思いますね。

たしかに日本語が通じない店員さんがいるんですけど

よりによってその人に当たるか!みたいな。

 

どうやら3つくらい買い物を頼むと、最初の1行しか目に入らないみたいで、

「お願いしたものを買ってきてくれたら今日はラッキーデー」と思うことにしました。

 

買い物はアレですが

育児はとってもよくしてくれる(ほんとに)、いいお父さんです。

長女につけられたタケコプターをしたまま

真顔で次女を寝かしつけ中。

(毎晩次女と寝ています。夜泣き対応も夫)

(部屋があまりにも散らかってるのでモザイクかけました)