1歳児連れてどこに出かければ

誰かがテレビを観ていると、必ずテレビ前に鎮座する猫。テレビばかり観てないであたしにも注目して、ってことでしょうか。
そこにいられるとリモコンがきかない…。



連休ですね。
家でじっとしていることにすぐに飽きる1歳児がいるので、連休中は特に、毎日どこに出かけるか悩みます。
よく行くのは、児童館!
うちの近所の児童館は、比較的新しく、広く、いつも空いていて、おまけに無料だし(重要だよネ☆)、休みのたびに税金を取り返さんばかりに通っています。
最初は誰かと話したくて(慣れない育児や産後クライシスやなんやかんやでしんどかったので)通ってたんですが、この頃は週に1回、「先週と比べて今週は何ができるようになったか」とかいう、成長具合を確認するために行くようになりました。

娘は現在1歳2ヶ月なんですが、1週間の間に出来ることが急に増えたりするので、おもしろいです。
数歩歩けるようになった翌週には、部屋の端から端まで歩けるようになっていたり、
突然ままごとができるようになったり、絵本に興味を持つようになったり。
どんどんバカになってくアラフォーのオカンに対し、次々と新しいことを吸収していく娘。
目覚しいわぁ〜。

児童館で気の合うママを見つけるのは、私には不可能!ということがわかったので、もうそこで友達を見つけようとは思わなくなりました…。
その場限りの育児の話とか、どこに住んでるんですか、とかそんなお決まりの話ぐらいしかできないし…。たまに面白い人に出会えたらラッキー。
ツイッターでよくやりとりをするママたちがみんな近所に住んでたらいいのにな〜。

児童館にて。いろんな色があるのに、なぜか緑ばかりを大事そうに運んで積み上げる娘。







明日はどこに出かけようかな〜。


断乳のその後

断乳のその後。
寝てる時間よりも起きてた時間の方が長いのでは…という断乳1日目の長い夜は、なんとか過ぎました。
朝、母に娘をあずけて倒れるように二度寝する私。いやー、二度寝できる環境、最高だね!
2日目は、昼間はいろんなところに連れて行ったり、いとこたちに遊んでもらったりして過ごし。
また長い夜を過ごさねばならないのか!?とドキドキしていたけど、
夜泣きの回数がいきなり減り、驚きました。
3日目には夜泣きは1回だけに!
4日目の朝には、寝起きの悪い娘にしては信じられないくらいさわやかに起床し、
布団にちょこんと座って「マンマっ!」と両手をひろげてごはんを要求。

ああ〜〜〜!断乳してよかった(涙)

その後は朝までぐっすり寝てくれることが増え、つい数日前まで1時間おきに授乳していたのが、うそみたいです。
狐につままれた気分ですよ!
母乳はあまり出てなかったみたいで、断乳してもさほど乳が張ることもなく、
じわじわと妊娠前のサイズに戻りましたよ…。
形も、お椀型から三角形になった…。

断乳、実家でチャレンジできてよかったです。
東京で一人ででもできたかもしれないけど、実家の近辺には妹たちも住んでいるので、協力してくれる人が何人もいて心強かったので。
一人だったら心身ともにへとへとになって、ダンナに当たりちらしてたと思う…。(ダンナは時に私のサンドバッグ…ごめんね…)
昼間娘がおっぱいのことを気にせず過ごせるように、毎日のように遊んでくれた妹たちや甥っ子姪っ子には本当に感謝です。

しかし、たまにはいつもと違う環境で過ごすのもいいですね。
娘が甥っ子姪っ子たちのまねをして、いろんなことが急激にできるようになっているのがわかって、とてもうれしかった!
これからは一緒に旅行にも出かけたいな〜。



娘を謎の生き物に乗せようとする姪っ子。小さい子にかまいたくて仕方ないらしい。助かる〜〜。



網に顔を押し付ける小3男児と、大喜びでその顔面をバシバシたたく娘。
小3男児が1歳女児と対等に遊んでいたのには吹きました。
男子ってバカだなー!(笑)

断乳にチャレンジ

実家に帰省してました。
今回の目標は、だん!にゅう!
断乳です。

夜中に1〜2時間おきに起きる我が子。
寝ぼけながら泣くので、その都度パイを飲ませて寝かすわけですが、おかげで私は常に睡眠不足で…。
このごろは授乳時に私の乳首を噛むことが増え(激痛です)、
ブラジャーに血が付いてるのを見た時「もう、おっぱい、やめよう」と決意しました。
二人目も欲しいし。だとしたら私今39歳だから急がなきゃいけないし。
(授乳してる間は子供ができないと言われているので)

断乳して3日くらいは子が泣き叫ぶ、と諸先輩たちから聞いていたため
自宅でするのは勇気が要るなあ…近所迷惑だし、ダンナが家にいる時間が少ないから、泣き叫ぶ赤子の相手を一人でしなくちゃいけないしなぁ…
とか思っていたところ、母に
「うちでしたら?○○(妹その2)も長期連休中に、うちにきて断乳してたで」
と言われて、私もそれに倣うことにしました。
妹にも「いったん決めたら、どんなことがあってもやりとおすこと!」と背中を押されました。



そんなわけで新幹線で実家へ。通路に飛び出す娘。靴履いてくれー!


断乳1日目は朝10時の授乳を最後に、そのまま夜までは特に何事もなく過ごしました。
ばあばに遊んでもらったりして、上機嫌な娘。

しかし、夜になってやはり「パイくれー!」とギャン泣き。ひ〜!
抱っこして実家の近所をウロウロと徘徊し、なんとか寝かすも、
布団に置くときに、背中にセンサーでもついてるかのように、はっと起きてまた泣く。
新生児の頃、ベビーベッドに寝かせては失敗して起き…、っていうのを繰り返していたことを思い出しました。
なんで眠いのに暴れるの…眠さに任せて寝たらいいじゃない…

1時間ほどかけて寝かしても、またすぐ起きてギャン泣きする我が子。
布団中を転がり回ったり、足をビョンッビョンさせ大暴れしたり、土下座ポーズをしたり、
とにかく全力で泣き叫ぶ娘を見ていると、もう本当に、心から、つらいのよー。
かわりにお茶をあげようとしても、怒ってマグを叩き落とす始末。
隣で寝てくれていた母に「もう見てられへん!断乳する必要あるんかいな!」と言われ
「家で断乳したらって言ったの誰!?足引っ張らないで!!」とけんかしたり。

でもこれには、本当に心が折れそうで困りました。
いずれおっぱいから離れるのだから、好きなだけ飲ませてあげてはどうか、というのもわかるけど
授乳が苦痛で育児がつらい、という方が私は嫌だ。
子供はこのころのことを覚えてないしさ〜。

決めたことなので、やるしかない。妹パイセンの言葉を思い出し自分を奮い立たせますが、
あぁ〜、夜が長いよう(T T)

吸うことを知らない人にストローどうやって教えるの?

娘は母乳以外の水分補給を嫌います。なぜだー!死んじゃうぞ!
と言っても、私の母乳は、唇を潤す程度にしか出ていません。
このままでは夏を乗り切るのが大変だ、なんとか積極的に水分をとってほしい、
ということで、ストローで茶を飲む練習を数ヶ月前からしていました。

が、「吸う」ってことを知らない人にどうやって教えるの…?

娘の目の前で口をタコのようにして「スゥー!スゥー!」と息を吸ってみても
笑顔で、どべち!と顔面をびったびたの手で平手打ちしてくるだけです。

鼻をつまんでみたら吸うのでは?とか
紙パックのドリンクを手に持たせて、側面を押すと中身がピュッて出てくる→そこから「吸う」を学習、
という方法などをママたちに教えてもらったものの、
ストローに口をつけることすら嫌がる娘。
コップで飲むのももちろん嫌がります。哺乳瓶に入れてもアウト。
どないせい、っちゅーねん。

この前、保育園の保護者会があり、娘と同じクラスのママさんにそのことを話したところ、
「うちにストロー練習用のマグがあるから、お古でよければあげましょうか?」
とくださった。
リッチェル ラクレ コップでマグというもの。
(マグカップのフタについている黄色いポッチを押さえると、ストローからぴょいっと飲み物が出てくる便利グッズ)

あーりーがーとーう〜〜!


それを使ってみて数日間。
最初はストローを噛む程度だった娘が、ふと気づくと取ってを持って、ぢゅーぢゅーと茶を吸っているではないですか!
器に入ってるパンも食べつつ、飲みたいときに飲んでる!
きゃーっ!!!!!

たったそれだけのことですが、涙が出るほどうれしかったのです。
できなかったことができるようになるのって、ものすごく大きな一歩。
愛しくて思わず抱きしめたけど、娘は意に介さず、ちぎりパンみたいな腕でパンをちぎって食べてました。



ストローを噛む子と「噛むんやない、吸うのや」と教えているにゃんこ先生。


…とかいうブログを書いた数日後に、いきなりつかまり立ちしてトコトコ、と歩き出してまたびっくりしてるなうですよ!!
「歩くようになったから、ゴルフクラブを振る練習させないと!!」とダンナ。ゴルフ馬鹿…。

夏風邪が長引いてます

娘が冬場は風邪ばかりひいていて、
「春になったらマシになるかな?」と期待していたけど、
春を通り越した夏現在、おや?頻繁に風邪を引いているね!
保育園も今月は数日しか行けてないなぁ。
娘も心配だけど、かあちゃん自分の仕事も心配だな…。

夜中、娘が泣いたときに授乳していると、枕元から1mほど離れたところに、
必ず魔美(猫・2歳)が待機してます。
気になって様子を見に来るんですよね。
部屋が暗いから写真に撮れなくて残念ですが、なんだかすごく、ありがとう、と思う。
写真はないけど、そんな猫のことを『花津ハナヨの妊活→出産一直線!』には描いたので、よかったら読んでください。
えへへ!



生まれた時から一緒の人たち。


まとまった時間をとるのが難しいのが、最近の悩みです。
漫画のストーリーなどを考えていると、
どんなに途中でも保育園のお迎えの時間は来てしまうし、
そのあとは夕飯作って食べさせて自分はご飯を飲むように食べてお風呂入れて…と
仕事のことは気になりつつもばたばたと忙しなく(そして汗だくで)過ごし、
夜に娘が寝たあと机に向かい、
「夕方あそこまで考えたから、じゃあ続きを考えよっ☆」なんて
そんなにすぐには切り替えられないんですよね。
脳内コンピュータが古いから、再起動して読み込むのに時間がかかるのかな…。

子供のいる人たちは、みんなどうやって仕事してるんですか?
と聞いてみたくて仕方ないけど
娘の風邪が治らないことには外出できないので
しばらくは看病の日だな!



遊び方間違えとるね。本当はこういうの↓



部屋が狭いので、これ(ジャンパルー)はレンタルしてました。
娘が大好きで、4ヶ月ほど遊び倒しましたよ。猫もよく遊んでたけど。

一升餅と選び取り

娘の1歳の誕生日はヘルパンギーナ(のどが痛い夏風邪)でつぶれてしまったのですが、
とりあえず一生食うに困らないようにと一升餅を背負わせるイベントだけ行いました。



泣いとるね。重いしね。

選び取り(将来占い)なるものも行いました。
複数のカードの中から、赤ちゃんが最初に取るもので、
将来の職業や才能を占う記念行事らしいです。
一升餅を楽天で注文したら、お餅屋さんがカードをおまけでつけてくれたのです。

「万年筆、そろばん、お金」の3種類から選ぶのですが、
「万年筆」を選ぶと芸術家や文筆家、
「そろばん」は商人、
「お金」はそのままで、将来お金持ちになるかもよ、というもの。

娘をプロゴルファーにしたくて仕方のないダンナは、
そこにキッズ用ゴルフクラブ(アンパンマンの絵柄)を足し、
それらを横一列に並べ
「これでゴルフクラブを選んだら、もう運命だよね〜!」
とのこと。
う、うん、そうだね…。

そんな期待の中、娘が真っ先に取ったのは、
そろばん(右手)とお金(左手)。あははー。
しかも両手で来たか。

しかしダンナはすぐさま無言でそれらを取り上げ、
何事もなかったかのように、カードをまた横一列に並べ直し、
そしてゴルフクラブをそれらの列の手前の、ずっと取りやすい位置に置き
「さ!もう一回取っていいよ!」と言う。

まあ、またそろばんとお金を取ったんですけども。
娘、わかってるね!


そういえば今日は七夕。
保育園で短冊に願い事を書いて持ってきてくださいと言われ
私は迷いすぎて何も書けなかったのですが、
ダンナは何の迷いもなく
「ゴルフで世界一になりますように 代筆:父」
と力強く筆書きしていて、戦慄を覚えました。
私は「娘が、人の意見に流されない、
自分の意志をしっかり持った子になりますように」と
お願いしておこうと思います。



はたいてるのか、なでてるのか。

休日

ここのところ、何か行動しようとしても、その一歩を踏み出すのが怖くて落ち込んでました。
出産を言い訳にしたくはないのですが
一回休むと、次にエンジンかけるのが大変だなあと…。
でも、思いもよらなかった人からのちょっとした一言で元気になったりして。
やっぱり、家の中で引きこもってたらだめだな〜。



そんなわけで、土曜日は電車に乗り、娘と2人で船橋のIKEAへ。
しかし、ベビーカーを引きながら家具を買えないってことに、到着してから気がつきました。
(IKEAはどんな巨大な家具でも、自分で商品をレジまで持っていかねばならないので)
せっかくここまで来たのに、何も買わずには帰れない。
引っ越したので、新しく押入れ収納家具が必要になったのです。
それがないと部屋が片付かな〜い。

仕方がないので片方の手でベビーカー、もう片方の手で巨大なカートを押しました。
ベビーカーには眠る娘、カートには重い収納家具。
カーブを曲がるときが一番苦労しました。
左右で同じ動きをしてくれない。別の方向に、くぱーと開いて行くカートたち。
閉じて閉じてー!
でもなんとか、無事に会計も済ませました。
人様の邪魔にならないよう極力気をつけましたが、
やろうと思えばできるものですね。IKEAの通路が広くてよかったよ。
ただ、汗だくになるけどね。

IKEAは、ベビーフードをサービスしてもらえるようです。
知らずにうっかり、自宅からベビーフード持ってっちゃったけどね。



哺乳瓶のキャップを、ウェットティッシュで、こしこし、と拭くのに一時的にはまっている娘。
拭いてもすぐ床に放り投げるけどね。

土曜日だったからか、奥の方にあるベビールームが開放されてました。
IKEAの商品(値札付き)のソファやベビーベッドが、IKEAの商品の布パーテーションで区切られて置かれていて、女性のみ自由に利用できるようです。
パーテーションのすきまから隣のブースがわりと見えるけども
まあ女同士だからいいよね、と乳放り出して授乳して帰ってきました。
空いてて広々としてよかったです。


日曜日は半分仕事を兼ねて、調布へ。ゆるキャラくんと写真撮ったり、外で焼きそばや点心食べたり。
皇室の方のように手をひらひらさせて、愛想を振りまく娘。
うんうん、たのしいね。
でも、子供が出来て知ったことのひとつは、土日は親にとっては休日ではないということです。
連休が来るのが恐ろしいで…。