ボギー&たまごクラブ発売中です



前足だけ段に載せるのが魔美流、らしいです。


発売中のゴルフダイジェストコミック「ボギー」にて『モテゴルフ』連載中です。
私は作画担当で、原作はダンナです。
たまごクラブ」にて『アラフォー漫画家・花津ハナヨのへたれニンプライフ』連載中です。
8月号は、そんなゴルフ好き(というかゴルフ馬鹿)のダンナの、娘の育児プランを聞いて驚いた話です。
現在妊婦(のパートナーがいる)もしくは新米親の方は、どういう育児方針を考えているか、パートナーに聞いてみたらいいんじゃないかな!!


産後にいろいろあって頭がぱっぱらぱーになり、
やけくそになって自宅の自動車を買い取ってもらったのですが、
そのときにやってきた中古車買取業者の人が
名刺に希望金額を書いて提示してくれたものが出てきました。



いくらだよ!

一升餅と選び取り

娘の1歳の誕生日はヘルパンギーナ(のどが痛い夏風邪)でつぶれてしまったのですが、
とりあえず一生食うに困らないようにと一升餅を背負わせるイベントだけ行いました。



泣いとるね。重いしね。

選び取り(将来占い)なるものも行いました。
複数のカードの中から、赤ちゃんが最初に取るもので、
将来の職業や才能を占う記念行事らしいです。
一升餅を楽天で注文したら、お餅屋さんがカードをおまけでつけてくれたのです。

「万年筆、そろばん、お金」の3種類から選ぶのですが、
「万年筆」を選ぶと芸術家や文筆家、
「そろばん」は商人、
「お金」はそのままで、将来お金持ちになるかもよ、というもの。

娘をプロゴルファーにしたくて仕方のないダンナは、
そこにキッズ用ゴルフクラブ(アンパンマンの絵柄)を足し、
それらを横一列に並べ
「これでゴルフクラブを選んだら、もう運命だよね〜!」
とのこと。
う、うん、そうだね…。

そんな期待の中、娘が真っ先に取ったのは、
そろばん(右手)とお金(左手)。あははー。
しかも両手で来たか。

しかしダンナはすぐさま無言でそれらを取り上げ、
何事もなかったかのように、カードをまた横一列に並べ直し、
そしてゴルフクラブをそれらの列の手前の、ずっと取りやすい位置に置き
「さ!もう一回取っていいよ!」と言う。

まあ、またそろばんとお金を取ったんですけども。
娘、わかってるね!


そういえば今日は七夕。
保育園で短冊に願い事を書いて持ってきてくださいと言われ
私は迷いすぎて何も書けなかったのですが、
ダンナは何の迷いもなく
「ゴルフで世界一になりますように 代筆:父」
と力強く筆書きしていて、戦慄を覚えました。
私は「娘が、人の意見に流されない、
自分の意志をしっかり持った子になりますように」と
お願いしておこうと思います。



はたいてるのか、なでてるのか。

もう1歳かぁ…



猫、舐められてます。娘の不思議なコーデは気にしないで…。


ちょっとおしらせするのが遅くなってしまったのですが、「FRaU」7月号にて、"35歳からの出産"についてインタビューしていただいたり、ちょっと漫画描いたりしてます。
子供はいつかはほしいけど、仕事を休む勇気がなかった、
でも結果的に、出産することができてよかったと思えた、その理由などを話してます。

たまごクラブ」で、『アラフォー漫画家・花津ハナヨのへたれニンプライフ』連載中です。
7月号は、妊娠中の習い事の話。他のところでも書いたことがあるので、似たような話を読まれた方すみません…。
もうすぐ発売の8月号では、産まれてくる子をどういう風に育てたいと思っているかというお話。
漫画には描ききれなかったんですが、ダンナのビジョンを聞いてびっくりしたんですよ!

DRESS」8月号から始まった、熊谷亮さんの『株王の「お金に愛される」投資入門』というコラムで、これから毎月イラストを描かせていただくことになりました。
私も毎月読んで株に詳しくなりたい〜。




娘は現在ヘルパンギーナという、のどにブツブツができて高熱が出る病気にかかってます。
何その病気…みたいなのに今後もきっと次々かかるんだろうなぁ。
そんな娘、今日で一歳。
子供ができてから、1日が短くてあっという間で。でも1年前は大昔な気がするんですよ。
それくらい、赤子の成長ははやい。
ほにゃほにゃでぐらんぐらんだった生き物が、だんだん見た目も行動も人間らしくなってきました。
人んちの子を見て「成長早いなー」と思うけど、自分ちの子も早かったです。



自力で立てないのですが、「歩きたいので立たせたまえ」と命令されます。
手押し車を押してる姿を見て、かあちゃん涙ぐんじゃったよ。

休日

ここのところ、何か行動しようとしても、その一歩を踏み出すのが怖くて落ち込んでました。
出産を言い訳にしたくはないのですが
一回休むと、次にエンジンかけるのが大変だなあと…。
でも、思いもよらなかった人からのちょっとした一言で元気になったりして。
やっぱり、家の中で引きこもってたらだめだな〜。



そんなわけで、土曜日は電車に乗り、娘と2人で船橋のIKEAへ。
しかし、ベビーカーを引きながら家具を買えないってことに、到着してから気がつきました。
(IKEAはどんな巨大な家具でも、自分で商品をレジまで持っていかねばならないので)
せっかくここまで来たのに、何も買わずには帰れない。
引っ越したので、新しく押入れ収納家具が必要になったのです。
それがないと部屋が片付かな〜い。

仕方がないので片方の手でベビーカー、もう片方の手で巨大なカートを押しました。
ベビーカーには眠る娘、カートには重い収納家具。
カーブを曲がるときが一番苦労しました。
左右で同じ動きをしてくれない。別の方向に、くぱーと開いて行くカートたち。
閉じて閉じてー!
でもなんとか、無事に会計も済ませました。
人様の邪魔にならないよう極力気をつけましたが、
やろうと思えばできるものですね。IKEAの通路が広くてよかったよ。
ただ、汗だくになるけどね。

IKEAは、ベビーフードをサービスしてもらえるようです。
知らずにうっかり、自宅からベビーフード持ってっちゃったけどね。



哺乳瓶のキャップを、ウェットティッシュで、こしこし、と拭くのに一時的にはまっている娘。
拭いてもすぐ床に放り投げるけどね。

土曜日だったからか、奥の方にあるベビールームが開放されてました。
IKEAの商品(値札付き)のソファやベビーベッドが、IKEAの商品の布パーテーションで区切られて置かれていて、女性のみ自由に利用できるようです。
パーテーションのすきまから隣のブースがわりと見えるけども
まあ女同士だからいいよね、と乳放り出して授乳して帰ってきました。
空いてて広々としてよかったです。


日曜日は半分仕事を兼ねて、調布へ。ゆるキャラくんと写真撮ったり、外で焼きそばや点心食べたり。
皇室の方のように手をひらひらさせて、愛想を振りまく娘。
うんうん、たのしいね。
でも、子供が出来て知ったことのひとつは、土日は親にとっては休日ではないということです。
連休が来るのが恐ろしいで…。


マンションを買おうと思う3

最近クリアファイルで「いないいないばあ」をするのが好きな娘。
「いないいない…」の間に、
興奮しすぎて目も鼻も口も開きっぱなしになってるのが
全部クリアファイル越しに見えててかわゆいです。




前々回に引き続き、まだ書きますマンション話。
今一番興味があるので誰も興味なかろうと書いておきますよ!!


最初は「自分たちの返済できる範囲のマンション(どっちかっていうと郊外)」を購入したい、と思ってましたが
いくつかマンションを見たり、その手の本を読んだりしていくうちに、考え方が変わってきました。

「マンション(一生の買い物)を購入するからといって、そこに永住はしない。
現在0歳の娘が中学を卒業する頃には売る。
だから、ちょっと背伸びしてでも、その頃に価格があまり下がっていないであろうと思われる都心のマンションを買おう」

ダンナの"我が家設計"によると、娘は中学を卒業と同時に家を出るそうなので(何か考えがあるようです)
広い部屋は必要なくなるため、その頃にマンションを転売し、
私たち夫婦は2人暮らせるだけの広さのマンションを改めて購入すればいいか、ということです。
買った値段からそんなに値下がりしないうちに転売できればラッキーだよねと。

私たちの、というかうちのダンナのお目当ては
ゴルフ練習場つきのマンションです。
それが、私たちの希望エリアに、2棟建設中だということがわかりました。
「どうせお高いんでしょ〜?」と思って価格表を見てみたら、
高いけど、部屋によっては(日当たりが良くないとか、眺望がないとか)、
手が出せなくもない。
ゴルフ練習場目当てだから、日当たりも眺望も要らないし、
もしかして、がんばれば買えるかも?

自由業の私たちが一番心配していた、ローン問題。
しかし、不動産屋さんいわく、
「まとまった頭金さえ用意できれば、借りられると思いますよ。
確定申告書3年分出してください」と、あっさり。
まじすかー!
中古物件を見に行ったときのほうが「自由業、むずかしいっす!」的な態度で邪険に扱われたよ〜。
その後、ほんとに無事に銀行の審査に通っちゃいました。
おおぉぉ。いよいよ現実味を帯びてきたよ!

この数ヶ月つけていた、家計簿をチェックしたところ、
「一番の出費は、家賃」だということが改めてわかりました。
働き手が二人いたから払えてたけど、今の私は産後であんまり仕事してないし、
この家賃を払い続けた上で頭金を貯めるのは、結構キツイ。
どうしようかなぁ。

「家賃…節約しちゃおうか?」

と、賃料を抑えるために、しばらく賃料の安いところに引っ越すことに決めました。
当然部屋も狭くなりますが、まあなんとかなるだろー。
マンションが完成するまであと数年。こつこつ働いてお金を貯めるぞ!
なんだか、子供ができたら、人生設計が立てやすくなったなあ…。
今までがちゃらんぽらんすぎたのかもしれないけど。

そんなわけで、現在建設中のマンションに申し込みを入れ、現在抽選待ちです。
私たちの希望してる間取りは、そのマンション内では一番安いので
申し込みが殺到しているらしい…。ですよね…。
ああ〜、どうか当選しますように!!

しかし、完成が3年後のマンションを、そんな早くから販売するものなのですね…。



たまごクラブ&マタニティnina’s発売中です

たまごクラブ」にて『アラフォー漫画家花津ハナヨのへたれニンプライフ』という漫画を連載中です。6月号は妊娠中の体重管理のお話。私は完全に失敗しましたよ…。



発売してからちょっと日にちが経ってしまったのですが「マタニティnina’s」で漫画家の田房永子さんと妊娠中の夫婦生活について対談させていただきました。
対談が始まってまもなく、かばんからTENGAを取り出す田房さん…。ほんとに楽しい対談でした!
子供がほしいと思えるのは、心が健やかな証だと思う。

マタニティnina’sは付録が毎度かわいくて、もう妊娠してないのに毎号買ってますよ…。
私も去年の付録だったフェフェの母子手帳バッグ、使ってます。

この前、引越しをしてまして、どのダンボールに「たまごクラブ」や「マタニティnina’s」を入れたのかわからなくなってしまってたのですが、やっと発掘できたので更新できました…。よかった…。



娘の10ヶ月健診にて、「典型的なシャッフリングベイビーですね」、といわれました。
それはなんですか??と聞いてみたら、
ハイハイしない、うつ伏せ嫌い、寝返りほとんどしない、お尻歩きで移動する、歩き始めるのが1歳半〜2歳になる、とのこと。
ううむ…成長がゆっくりしてるなあとは思ってたけど、そんな言葉があったとは…。
まあ、そんなに生き急がなくてもいいよね。
しかし、知らないことをたくさん知るなあ、子育てって。



テレビボードの下に尻がはまって抜け出せない娘。

マンションを買おうと思う2

前々回のエントリの続きです。
ダンナが「マンションを買う!」と言い出してすぐ、近所のモデルルームを見に行きました。
たくさん見たほうがいろんな情報が仕入れられて良いとモノの本で読んだので、GW中は毎日のようにモデルルームに通ってました。
気候も良かったので、自転車移動に最適でした。娘も、はじめて自転車に乗って、楽しそう。
キッズルームが設置されていたり、GWだということでイベントがあったり(水上バスツアーや、景品の抽選会や、お菓子袋詰めさせてくれるところもあった)して、親子揃ってけっこうたのしく過ごせましたよ。
ただでもらえるものはもらっとかないとですよ!


豊洲のスマートハウジングにも行ったり。戸建ては買う予定はないけど。


中でもたのしかったのは、大規模タワマン(クワマンではない。タワーマンション)のモデルルーム。
モデルルームって、「プレハブのような建物の中に、部屋を再現してある」ものだと思ってたんですが、
タワマンのモデルルームは私の予想とは違ってました。

プレハブというには少し大きすぎる?という、つくりのしっかりした建物に入ると
受付に「こんなに人数、必要?」てくらいの受付嬢が並んでおり
「いらっしゃ」「いらっしゃい」「いらっしゃいませー」と
それぞれが口々に歓迎してくれ、それだけでも若干びびってましたが、
さらにそこから次々と人が登場し、接客してくれます。
どんだけの人がこのマンションを売るために働いてるんだ…?
その分マンション代に上乗せされてるんだよね…?とドキドキです。

両壁が鏡張りだったり、暗闇の中、星のように小さなライトが無数に輝く中を上ってゆくエスカレーターに載せられて、応接室に通されます。
スペースマウンテンに乗ってる気分!モデルルームってテーマパーク!

アンケート用紙などに記入するためだけにある応接ルームに数分だけ座り、
何人かの人が次々と現れてはちょっとだけ接客して消えて行き、
シアターに通されます。
てか、何、シアターって。

答え:そのマンションに関する10分ほどの映像(登場人物がなぜか外人だったりもする)を上映するシアターだよ。

マンションによっては、3パターンの別の映像を、3箇所のシアターに移動してまで見せられます。
生身のお姉さん(日本人)から3Dのお姉さん(やはりなぜか外人)にバトンタッチして
マンションのメリットを説明をしてくれたりするものもありました。
作るのにどれくらいの時間と金額を要したのだろう、というような緻密な街のジオラマも複数あり。
いやはや、世間は不景気だと思ってたけど、お金があるところにはあるのですね…。

飲み物を出すためだけに待機していると思われる人たちが飲み物を運んでくれ、
その後やっと、「なるほど」に「ですねー」をつけた独特の話し方をする営業マンたちと
話をしたりモデルルームを見たりするところまでたどり着きました。
ふう〜。1stステージをやっとクリアした感。