あわただしい一日だった…

長女の幼稚園の、親子遠足。

近場に徒歩遠足なのですが、前から私も長女もとても楽しみにしてました。

しかしその前日の夜に次女が発熱してしまうという。ピンチ!

「じゃあこうしよう!

夫が長女と遠足に行って、

私は次女を病児保育に連れて行ってから

途中で遠足に合流するよ!」

ということになりました。

 

遠足当日の朝。

早起きして弁当を3人分作ったのはいいけれど

そのサイズの弁当を作ったことがなかったので、

弁当箱に空間ができてしまい、

夫を叩き起こして、

コンビニで唐揚げを買ってきてもらって足す…。

 

次女は熱が高いわけではないけど、炎天下の遠足に連れて行くわけにはいかず

私も遠足後に仕事があるので

病児保育の空く時間ぴったりに電話をして予約を取って、

(人数がいっぱいで、予約が取れないこともあるのでヒヤヒヤでした)

急いで準備して病院へダッシュ!

夫は長女と車で、近所の友達親子をピックアップして

道を間違えつつも遠足の集合場所へ。

 

次女の診察が終わって、病児保育室に連れて行こうとしたときに、

必要な荷物(着替えやミルクやおむつなど)を

丸々自宅に忘れてきてしまったことに気づく私。

あわてて取りに帰り(往復で30分ロス)、

次女を無事に預けたあと、すっぴんだったことを思い出し

トイレでいそいで眉毛書いて粉をはたき、後はマスクで隠し(マスク便利)

長女の遠足へ向かう。

着いたときはちょうどお昼ごはんタイム。

一緒に参加してるところを写真に残す(←後年に重要)ミッションクリア!ふぅ〜!

 

そのあと長女は幼稚園で授業があるのでいったん別れ

私と夫はそれぞれ仕事へ急ぐ。

作画したりアシスタントさんに指定を出したりしてる間に

すっかり熱も下がって元気になった次女を

仕事帰りの夫が迎えに行ってくれ、私にバトンタッチ。

次女、はじめて5センチほどのズリバイを披露してくれました。

やったね!

 

 

↑超真剣!

 

遠足で散々歩いたにもかかわらず、

幼稚園帰りに友達と走り回ったり飛び回ったり、

大はしゃぎする長女。

子供の体力、底知れない。

親は日焼けと疲労で眠い。

片づけは明日の私にまかせて床に就きました。

(明日の私である翌日の私は、また明日の私にいろいろとまかせている…)